【新連載】佐藤真紀子の あーゆる日記-両親の介護編①-

ayurveda
【新連載】スタート!
東京に拠点を構える、サトヴィック・アーユルヴェーダスクール主宰の佐藤真紀子先生による、漫画版!”あーゆる日記”。
長年、インド人のアーユルヴェーダ名医サダナンダ・サラデシュムク氏と共に臨床を深めてきた佐藤先生だからこその、深いアーユルヴェーダの知恵を、日常に落とし込んだわかりやすい漫画形式でお届けします!
第一回目は、佐藤先生がご自身のお母様(86歳)の冷えやむくみといった症状に、実際に自宅で行われたケアについて。
クリニックやサロンに行かなくても、ご自宅で誰でもできる処方をご紹介くださっています。
ayurveda
※冷え・むくみ・めまいの全ての原因が心臓ではありませんのでご留意ください。
佐藤先生のお母様の場合としてお考えください。
※フリダヤバスティの用途:心臓の筋肉の強化、胸の痛み・動機、胸の重さ
(持病をお持ちの方は、事前に専門家にご相談ください)
※オイルによるケアは、糖尿・痛風・リウマチといった持病をお持ちの方は、
専門家によるアドバイスが必要です。また、体調不良時・満腹時・体調不良時には行えません。
※温める時間は、最大で15分程度です。

佐藤真紀子

1962年東京生まれ。国際基督教大学卒業後、欧州・中東などの滞在を経て、ニュースステーション、サンデーモーニングなどの報道番組に参画。

1998年、師匠であるDr,Sadananda Prabhakar Sardeshmukh博士に出会う。以来数千名の診療に立ち会い臨床経験を重ねる。


サトヴィック・アーユルヴェーダスクール

アーユルヴェーダの古典に基づいた、実践的なアーユルヴェーダを学べるスクール。インド人医師による診察のサポートや、インド現地でのパンチャカルマのサポートも行う。

コロナ渦の現在ではオンライン講座にも力を入れ、早朝アビヤンガクラスなどユニークな切り口で、日本でのアーユルヴェーダの普及に努める。

関連記事

  1. 生理痛、当たり前のものと思っていませんか?生理痛を改善するシンプルな方法

  2. 夏バテかも?と感じたら。まずは、身体をクールダウン。とっておきの、アーユルヴェーダのレシピ、教えます。

  3. 元IT会社員のセラピストが実践。仕事の頑張り時に役立つアーユルヴェーダケア

  4. 医療としてのアーユルヴェーダを知っていますか?-ハタイクリニックのご紹介

  5. 自分の体質を知ることが、健やかな暮らしの第一歩!

  6. 漫画で分かる!簡単アーユルヴェーダでできる花粉症ケア

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。